Original

粉末緑茶(パウダー茶)うがいで口内フローラ改善!やり方をご紹介

2016年11月30日 NHKガッテンで紹介された 

ウイルス&細菌を撃退!「口内フローラ」新健康術SP

で緑茶うがいが紹介されました。

口内フローラとは、健康にとってとても重要なことです。

最近の研究から、善玉菌と悪玉菌のバランスが大切だということが分かってきました。

 

それでは、口内フローラを改善するには、実際どのようなことを行なったら有効的なのかを調べてみました。

 

・理想的な口内フローラの割合

・歯周病菌がもたらす恐ろしい病気とは

・口内フローラを改善

・悪玉菌の増加をチェックするポイント

・寝る前に緑茶うがいがオススメ

・緑茶うがいのやり方

・まとめ

理想的な口内フローラの割合

そもそも、理想的な口内フローラの割合は、9対1が理想とされています。

年齢を重ねると、歯周病のリスクが上がります。

悪玉菌のひとつ歯周病菌が増えと、歯周病菌が血管に入り込んで恐ろしい病気を引き寄せると言われています。

ですので、口内フローラを改善し、歯周病菌を体内に侵入させないことが大事です。

 

歯周病菌がもたらす恐ろしい病気とは

・がん

・認知症

・脳梗塞

・心筋梗塞

・関節リウマチ

などが大きく関与しているのではないかと言われています。

 

悪玉菌の増加をチェックするポイント

 

・歯茎が腫れる

・毎日のように歯磨きで血が出る

・急に口が臭くなった

・口の中が乾燥する

 

 

このような症状がある方は注意が必要です。

 

口内フローラを改善

 

一番大切なのは、お口の中を常にキレイにしておくことが大前提です。

対策としては、食後の歯磨きで歯周病菌を寄せ付けないこと。

また、1週間に1回程糸ようじや歯間ブラシを使って細かい汚れを取り除くと一層効果的です。

寝る前に粉末緑茶(パウダー茶)うがいがオススメ

緑茶に含まれるカテキンが、悪玉菌の増殖を抑える効果があるといわれています。

寝る前がとくに効果的だそうです。

 

緑茶うがいのやり方

【用意するもの】

・粉末緑茶(パウダー茶)

・お湯 200ml

・スプーン

・コップ

 

①    粉末緑茶(パウダー茶)を小さじ1/2に対し、お湯約200mlを入れ、良くかき混ぜて下さい。

②    口の中に含み、しっかりとクチュクチュうがいをして下さい。

※うがいをした後は口をすすがないで下さい。カテキンをなるべく口のなかにとどめておくためです。

 

まとめ

放送以来、粉末緑茶(パウダー茶)うがいを毎日欠かさず行なった結果、寝起きの口の中のベタベタ感がずいぶんと減りました。

みなさんもぜひお試しくださいね☆

掛川深蒸し茶のお取り寄せはこちら

この内容で送信します。よろしいですか?