Original

緑茶の美容効果と美容ケア方法をご紹介。飲むだけでなく、○○しても効果的!

 

女性にとっては美肌は憧れであり、永遠の願いですよね。しかし、紫外線や乾燥などによって、シミやシワがどうしてもできてしまいます。そんな悩みに緑茶が美肌に効果的なことをご存じですか。

 

【目次】

・お茶は天然のサプリ

・カテキンがお肌のトラブルを解消

・緑茶をまるごと食べることが効果的

・茶殻を食べてみよう

・緑茶でピチピチ肌に

・緑茶化粧水の作り方

・緑茶パック

・緑茶はヘアケアにも効果的

・まとめ

 

お茶は天然のサプリ

お茶って、実は凄い栄養素をたくさん持っている飲み物です。

お茶の代表的な成分と言えば、「カテキン」。

殺菌力があって、虫歯やガンの予防、生活習慣病に有効な成分です。

その他、カフェイン、テアニン、ビタミンC・A・E、食物繊維、フッ素、ミネラル、サポニンなどが含まれています。

 

 

カテキンがお肌のトラブルを解消

カテキンには、ビタミンC・E・βカロテンと一緒に働いて、メラニン色素の沈着を抑え、シミやソバカスができるのを防いだり、血行を促進して皮膚の老化を遅らせるパワーがあります。

 

緑茶を丸ごと食べることが効果的

緑茶は、水に溶けにくい成分もあるので、抹茶や粉茶を飲んだり、茶殻を残さず食べることがポイントです。お茶の葉5gを丸ごと摂取すれば、ビタミンEやβカロテンは、十分摂取できると言われています。

 

茶殻を食べてみよう

実際に飲んで摂取できる栄養素は約35%と言われています。残りの65%の栄養素は茶殻に残ったままなんです。

そこで、茶殻にポン酢を掛けて食べれば栄養分を丸ごと摂取できます。

いつもは捨ててしまう茶殻をお料理に使って食べれば、ゴミも出なくて一石二鳥ですよね。

 

緑茶を飲んでピチピチ肌に

緑茶を飲んで、からだの中から美しくなることも大切ですが、外からのケアにも緑茶は美肌づくりに効果的です。毎日の洗顔に、冷ました薄いお茶を使い手作り化粧水を作って、お肌に塗ったり、パックをしたりできます。カテキンの殺菌力にはニキビ対策にも役立つから、お肌に敏感なティーンエイジャーにもオススメです。

 

緑茶化粧水の作り方

【材料】

・緑茶 200ml

・グリセリン 数滴

・エタノール 10ml程度

【作り方】

① 緑茶を淹れ、冷まします。

② エタノールにグリセリンを数滴加え、よく混ぜます。

③ ①と②をよく混ぜ、冷蔵庫で保管し、早めに使い切りましょう。

 

緑茶パック

 

時間があるときは、「緑茶パック」もぜひ試してみて下さいね!

 

【材料】

・緑茶の葉、もしくは粉末茶

・小麦粉

【作り方】

① お茶の葉をすり鉢でするか、ミキサーにかけて細かくします

② 小麦粉を水に混ぜて、垂れない位の硬さに練る。

③ 肌にまんべんなく伸ばし、5~10分後に洗い流す。

※目や口の周りは避ける。

 

緑茶はヘアケアにも効果的

緑茶に含まれるタンニン酸が、髪をつくる母細胞と発毛を促す毛髪神経の両方に働きかけ、飲むだけでなく髪にも良いという嬉しい効果があるようです。

やり方は簡単。シャンプーをお湯で溶かすときに、お湯の代わりにお茶を使います。もっとヘアケアしたい方には、緑茶トリートメントがオススメです。

【材料】

・緑茶の葉(粉末緑茶)大さじ2

・レモン汁 大さじ2

・水 200ml

【作り方】

① 小さめのお鍋に水とお茶の葉を入れ、沸騰しないように弱火でしばらく煮て火を止め、30分くらい放置。

② レモン汁を注ぎ、完全に冷めるまで待てば出来上がり。

 

いつものシャンプーとリンスをした後、緑茶トリートメント液を髪と頭皮に注ぎ、少し置いてから洗い流します。

 

まとめ

緑茶は健康に良いことはもちろんですが、美容にも嬉しい効果が沢山あります。

今こそその魅力を見直し、普段の生活に取り入れてみませんか。

 

 

 

 

掛川深蒸し茶のお取り寄せはこちら

この内容で送信します。よろしいですか?