Original

簡単!自家製ほうじ茶作り方とほうじ茶を使ったスイーツレシピ

ほうじ茶は、カフェインやカテキンが少ないので妊婦さんや子供、高齢者の方にも安心して飲めるとあって人気なお茶です。

また若者にも人気があり、ほうじ茶ラテ、ほうじかき氷がこの夏人気だったようです。

そんなほうじ茶は、ご家庭で簡単につくれることをご存知ですか。

実は、古くなったお茶や風味が落ちてしまったお茶をフライパンで炒るだけで簡単に出来きます。

【目次】

・ほうじ茶のつくり方

・色々なアレンジでほうじ茶を楽しんでみよう

・ほうじ茶ラテ

・ほうじ茶ゼリー

・ほうじ茶ごはん

・まとめ

 

 

ほうじ茶のつくり方

【材料】

・古くなったお茶

・フライパン

・クッキングペーパー

・へら

 

①    フライパンにクッキングシートを敷きます

②    フライパンにお茶をのせ、弱火でじっくりとお茶の葉が茶褐色になるまで炒ります。

※  このときお茶の葉をまんべんなく焙じ、焦げないように注意することがポイントです。

炒ったお茶は、冷めてからお使い下さい。

 

色々なアレンジでほうじ茶を楽しんでみよう

 

独特の風味は、「ほうじ茶ならでは」の魅力。

また、口当たりがあっさりとしていて体にも優しい「ほうじ茶」は、お茶として飲むだけでなくお菓子作りや、お料理にも使え楽しむことが出来ます。

 

ほうじ茶ラテ

【用意するもの】

・ほうじ茶ティーバッグ 2袋

・お湯150ml

・牛乳200ml

・お好みでガムシロップか砂糖

 

 

①150ml位のお湯にほうじ茶2袋を入れ、濃いめのほうじ茶を作る。

ちょっと渋いかなと感じる位の濃さにするのがポイントです。

②ガムシロップか砂糖を①に入れ、混ぜる。

③温めた牛乳200ml位を注いで完成。

ほうじ茶ゼリー

【用意するもの】

・ほうじ茶 3g

・水 150ml

・本みりん150ml

・粉寒天 小さじ2

 

①材料全てを鍋に入れ、沸騰してから更に1分ほど火に掛けます。

ほうじ茶を煮出し、みりんも煮切って、火からおろします。

②水をくぐらせた流し缶等に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、冷やし固めます。

③固まったら完成。

透明感があり、夏にぴったりなお菓子です。

 

ほうじ茶ごはん

【用意するもの】

・お米 1.5合

・ほうじ茶 10g

・水 350ml

・酒大さじ1 1/2

・塩 ひとつまみ

 

①お米を研ぎます

②鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したらほうじ茶の茶葉を加えて2分煮出す。

③1で研いだ米を2のほうじ茶で30分程度浸水させます。

④米を炊く直前に、酒と塩を加えます。

⑤あとはいつも通りご飯を炊くだけで完成~

 

まとめ

いかがでしたか。古くなったお茶を使って、簡単にほうじ茶が作れるなんてなんだかちょっぴり嬉しいですよね♪

ほうじ茶は体を温める作用があるので、冷え性の方にはオススメです。

 

 

掛川深蒸し茶のお取り寄せはこちら

この内容で送信します。よろしいですか?