Original

水出し煎茶(水出し茶)を選ぶ5つのメリット!美容・健康への効果と作り方

これからの季節にぴったり!美味しいだけでなく、からだにも、美容にも良い、水出し煎茶(水出し茶)の作り方を
 

【目次】

水出し煎茶(水出し茶)の効果とメリット

水出し煎茶(水出し茶)の作り方

ワインボトル型でオシャレに食卓を飾ろう

まとめ

 

水出し煎茶(水出し茶)の効果とメリット

まろやかな口当たりと甘みを感じられるのは水出し煎茶(水出し茶)ならではです。

それは水出しする事で、煎茶の苦みを抑えてうまみ成分を上手に引き出す事ができるからです。

また、お湯で入れた時には出せない味が水出しする事で引き出されると言われています。

 

効果①免疫力アップ  

 煎茶を冷水で出すことにより、カテキンのひとつ「エピガロカテキン」という成分が抽出され、これにより免疫細胞が活性化し、感染症などの病気にかかりにくくなるそうです。
 

効果②渋味が少なくておいしい  

お茶の渋み・苦味は「エピガロカテキンガレート」というカテキン成分が元となっています。温度が高くなるにつれ、このエピガロカテキンがレートの抽出量が多くなり、逆に冷たい水でお茶を出した場合は少なくなるので、苦味・渋味を感じにくくなります。

効果③リラックス効果抜群!

水出し煎茶(水出し茶)には、リラックス効果があるテアニンがたっぷり含まれています。その他に、うま味成分であるアミノ酸も多く含まれています。
 

効果④女性に嬉しい♪美肌に効果的

 

 煎茶と言えば、カテキンやビタミンCなどの栄養成分が有名です。 ビタミンCは美肌に役立つ成分。

 抗酸化作用もあるので体の老化の原因になる活性酸素を減らす事にも役立ちます。

 カテキンも抗酸化作用がありますし、美容だけでなく、風邪の予防などにも良いとされています。ビタミンCの特徴として、熱に弱いというものがあります。

その点、水出しすることで、ビタミンCが壊れる事なく効率良く摂取できます。

 

効果⑤水分をスムーズに吸収できる

 水分をスムーズに吸収できるとあって、特にマラソンや駅伝など、長距離レースに挑むアスリートから指示されています。

また、水出し煎茶は、飲み過ぎたときのお腹の茶ぷちゃぷ感を感じることがないからです。
 

 水出し煎茶の作り方



【用意するもの】

・急須

・煎茶 

・ティースプーン

・冷水(出来れば水温4度位)

・グラス

 ①煎茶を急須にいれる

煎茶10g(小さじ3杯)を茶こしに入れます。お湯で入れる時よりも、多めの茶葉がオススメです。

 

 ②水を注ぐ

煎茶を急須に淹れたら水を注ぎます。できれば冷蔵庫で冷やしておいた冷水が好ましいです。水温が低い程バランスが良くお茶に出るからです。

 

③水出しをする

約3~5分程待ちます。茶葉を水で出すと、もっと時間をかけないといけないと思いがちですが、この程度でうま味やエピガロカテキンは出てきます。

 

④グラス(茶碗)に注ぐ

 グラスに注いで、うま味を感じながらじっくりとお召し上がり下さい。

 


水出し煎茶(水出し茶)も温かい煎茶もどちらも良い点があります。

気分や体調に合わせてうまく飲み分けてみてください。
茶葉の産地などでも味が変りますので、色々なお茶で試してみて自分の好きな茶葉を見つけてみるのもおすすめです。

 

使用したお茶はこちら

 

今回は、お水で淹れてもOKな、「夏の深蒸し茶」を使用しました。

お求めはこちら:夏の深むし茶  100g864円(税込)

ワインボトル型でオシャレに食卓を飾ろう

 

今人気なフィルターインボトル。ワイン型でオシャレとあって、見た目重視な若者にとって人気な商品です。このボトルを使っても簡単に美味しい水出し煎茶(水出し茶)をつくることができます。

①ボトルに茶葉10g(大さじ2杯)を直接入れます。

②水を750ml入れ、冷蔵庫で冷やします。

③グラスに注いで出来上がり!

※フィルター付きなので、茶葉が流れ出る心配はありません。

 

まとめ

温かい煎茶とは違った味わいの、水出し煎茶をぜひ試してみてはいかがでしょうか♪

 

掛川深蒸し茶のお取り寄せはこちら

この内容で送信します。よろしいですか?